「臨床心理士」を学ぶ講座

「臨床心理士」を学ぶ講座

心理カウンセラーの資格「臨床心理士」を学ぶ講座は、大学や大学院に進んで、心理学の基礎科目、および選択科目で一定の単位数を取得していることが受験資格そのものを満たすことになります。出来れば心理学系の大学、学部に進学していると選びやすく、心理カウンセラーの資格「臨床心理士」になってから応用が利きやすくなります。
心理カウンセラーの資格「臨床心理士」は、民間団体が認定している資格で、将来的に国家資格になる可能性もあります。数多くある資格の中でも最も注目度が高く、社会的な認知度が高いため、出来れば取得しておきたいという人はかなりいます。
上記のとおり心理学系の大学や大学院の講座で学ぶのが一番手っ取り早い方法ですが、別の系統の大学や学部に進学している場合でも、認定基準を満たす講座を受験して単位を取得すれば受験資格を満たすことは可能です。特に基礎科目の場合は一般教養としてどの学部の学生も受講可能です。専門科目になると他学部の学生に混ざって受講するということになりますが、最近は別に珍しくありませんから、受講したい意思があれば問題ありません。臨床心理士は専門職への道となるため、かなり専門知識を講座で学んでおく必要があり、勉強に割く時間は十分確保する必要があるでしょう。