「メンタルケア心理士」を学ぶ講座

「メンタルケア心理士」を学ぶ講座

心理カウンセラーの資格「メンタルケア心理士」を学ぶ講座は、主に4つの方法のいずれかが必要になり、同時に受験資格を満たすことになります。心理カウンセラーの資格「メンタルケア心理士」は、医療福祉情報実務能力協会が認定する資格であるため、指定された講座で学ぶ必要があります。
大学や専門学校など、医療福祉情報実務能力協会に指定された教育機関に進学し、メンタルケア心理士講座を受講して学び、修了して単位を取得するのが1つめの方法です。2つめは文部科学省が定める4年制大学に進学して、心理学部や学科、心理隣接学部か学科を卒業するという方法です。この2つの方法が妥当で、分かりやすく心理学について、メンタルについて、心理カウンセラーの資格について学び、じっくり考えながら学んでいけます。
3つめは認定心理士の資格を取得すること、4つめは産業カウンセラー初級の資格を取得することです。この4つのいずれかによってメンタルケア心理士の受験資格を得られます。あとは自宅で試験を受けて合格すれば、見事メンタルケア心理士の資格を得られることになるでしょう。心の健康を取り戻す専門家の資格ですから、出来れば専門機関の講座でじっくり学ぶことが求められます。